ミニチュアシュナウザー&アメリカンコッカースパニエルとの日々の生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボランティアが見た孤独する高齢者(いわき市)

ある人物が書かれた文章を引用、ご紹介したいと思います。


ボランティアが見た孤立する高齢者(いわき市)

      避難所より酷い在宅避難


  在宅避難高齢者の見周りボランティアが見た現実はあまりにも厳しく過酷なもの
だった。

  いわき市社会福祉協議会がボランティア募集を始めたのを知って、それまで
避難所生活を 送っていた(仮)田中が自分にもできることがあるのではと、 ボラ
ンティア活動に応募した。

  いわき市では取り残された高齢者が多数発生した。統計によればいわき市には
高齢単身世帯が10,717あり、その多くの人が被災し避難、もしくは在宅避難を
強いられている。その中 にはヘルパーなどの介護を受けていた人も多いはずだ。
その人達は自分一人では歩くことも ままならない人達で、避難所にさえ行くことの
できない人達なのだ。


 「孤族高齢者は取り残された」

  地震、津波、原発、そして風評と4つの被害を受けたいわき市。県外で心配する
親戚縁者、 友人の 「危ないから避難して」 という声に押されて県外に脱出した
人は多い。脱出したくても ガソリンが手に入らなかった者、県外に身寄りのない
者、 津波で家も財産も失い移動するお金がない者は居残り組だ。

  身軽に動ける若者も殆どいない。取り残されたのは身寄りもなく、ガソリンも車も
ない高齢者たち。避難所に行くこともできなく在宅避難している高齢者たちなのだ。 

 田中はボランティアセンターからその人達の安否確認とパンと水の配給を任され
た。そして現場で目にしたものは信じがたい光景だった。

  「このままでは飢え死にしてしまう」

  家に入るとすぐに異臭が鼻をついた。トイレに行けなく排泄物を新聞に包んで
ゴミ として放置。 浴槽には水も無く、「3・11大地震」 以来風呂には入っていな
いという。 自分では風呂には入れない介護を必要とする80過ぎの老女が
そこにいた。

  ヘルパーはどうしたのかと尋ねてみると、あの日から来ていないという。来てくれ
たのは民生委員 の人だけで、安否確認で来てくれたそうだ。身の回りの物から
想像すると生活保護を受けている人らしく民生委員が来てくれたのはそのためかも
しれない。

 地震で散らかったままの家を片づけ、お風呂に水を張り、センターから1人1日分
として支給された パン1個とミネラルウォーター1本(小)を老女に渡した。老女は
田中に「ありがとうございます」と涙を 流しながらお礼を言った。震災から13日目の
出来事だ。地震があったあの日からこの老女は残っていた食べ物と飲み物で
食いつないできたのだ。

  昨日まで避難所にいた田中は今まで避難所の悲惨な状況を私に訴えていた。
今日見た光景は 避難所の比ではなく、
「姥捨て山と言ったらわかりやすいでしょう」 と興奮した口調で連絡してきた。
これはたまたまの話ではない。田中はこの日 数件家を訪ねている。
どこの家も悲惨な状況に差はなかったという。

  私は田中から連絡をもらうまで避難所にいる人達が一番厳しい生活を強い
られていると思って いた。ところが彼から話を聞いて一番厳しい状況にある
のは避難所 にも行けない自宅で助けが来るのをじっと待っている孤立した
在宅高齢者なのだ と分かった。

  電話が繋がったのも数日前。どこに助けを求めたらいいのかも分からない。
親戚縁者、近所の人達も逃げ出して、もう近くには誰もいない。地震、原発を
恐れ、 外を歩いている人もいない。 この場所は原子力発電所から50キロも
離れている と いうのに。これが風評被害。

  年寄りはじっと耐えることには慣れている。愚痴は言うまいと決めているのかも
しれない。 民生委員の数も半減。やはり県外に避難してしまったのだ。
残された民生委員と僅かなボランティア で凄い数の孤立高齢者を見回らなければ
いけない(2011.3.24 現在)。

 早急の対応が求められる。




     以上、ある方が発信された文を許可の上引用させて頂きました。

  


スポンサーサイト
東日本大震災・・・


この度の、東日本大震災で被災にあわれた沢山の方々へ
心よりお見舞い申し上げます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



3月11日、あまりにも悲惨な出来事が起こってしまいました。
東京郊外の我が家でも、経験した事のない大きな揺れ・・・
”通常ではない!” と感じ、急いでシュナ&コカを両腕で抱えテーブルの下へ・・・
・・・と同時に、食器棚から沢山の食器が落ち ”ガラガラガチャン” !!
このまま家の下敷きになるのでは・・・と ふと頭をよぎりました。

何とか揺れがおさまった所で、食器の破片であまりにも危険なので、
ぶるぶる震え興奮して逃げ出そうとするシュナ&コカを抱えて、とりあえず外の車へ避難しました。
兎に角、私がパニックにならない様に、心臓の鼓動がバクバクするのを少し抑えようと・・・。
思いとは反して、元々持病であった喘息の発作が・・・
(あまりの緊張からも起こる事が今回よく解りました)
何度かの大きな余震がおさまった後、数回に分けて家に入り
(勿論履き替える余裕はなく、靴のままです)
喘息の”吸入”をし、毛布、水、貴重品等を車中へ持ち込み・・・。
そのまま夕方まで避難していました。


テレビをすぐに見ていなかったので、その後家に入りニュースを見て、
改めて今回の惨事の大きさを知り、ショックを受けました。

実は、私の実家は”茨城県北部”、主人は”福島県南部”です。
地震直後は宮城方面のニュースばかりだったので、全く電話も通じず連絡も取れませんでした。
後日 何とか電話が通じましたが、町はやはり想像以上の災害にあっていました。

実家の人間は何とか無事でしたが、叔母さん宅は津波にやられ・・・
2ワンちゃんを連れ、着の身着のまま高台に逃げたそうです。
元々、港町なので 町の復興はここ数年では困難かも知れません。

私の実家も主人の実家も、漁業とは関係なかったので
何とか少ない災害で済んだという訳ですが。
お互いに生れ育った町がすぐには復興困難とも思われる状態になっています。


そして、福島の小名浜に住む銀行マンだった親戚は、部下を避難させた後、
津波にのまれてしまいました・・・。
小さい頃、とてもよく遊んでくれた 優しいお兄さん・・・。
交通が遮断されているため、皆 葬儀にも行く事が出来ません。


茨城県北部、福島県南部には、私も主人も親戚が沢山おります。
茨城県の海岸沿い全域には、私の高校時代のお友達も沢山います。
全員には安否確認が出来ておりません。

テレビなどでの報道がなされていない地域も、まだまだ沢山あります。
救援物資が行き渡っていない場所も数知れないほどあります。



全国の皆様へのお願いです・・・。

現在我が家では毎日、計画停電が行われております。
その時間意外でも、節電に心がけております。
朝晩、氷点下になってもすぐに暖房はつけず ”マフラー&毛糸のソックス2枚重ね” 
PCも使わない様にしております。(今回は敢えて更新しました)
ガソリンも使わない様に、出来る限り車にも乗らない様にしています。

意外と盲点かな、と思ったのが ”ネット注文”・・・?。
あちこちのスーパーで、品不足となっておる事から、
”ネットで買えたよ!等という声をご近所さんから耳にし、愕然としました。
(たった1個の懐中電灯や電池を買う為に)
その様な小さな物を宅配で届けてくださる宅急便の方々の ”ガソリン” 
そういう所までは、あまり気にされていないのでは?と思われ・・・。
ちょっと待てば、必ずお店には並ぶのでは、と思うのですが・・・。
今すぐにでも急を要する方は勿論注文すべきでしょうが、
それ以外の方は、ちょっとだけ待ってもらう事は無理なのかしら・・・と思い・・・。 
(私個人的な感想です。申し訳ありません。)

どうぞ、被災地の方々の不便な生活を もっともっと想像し
ご自分で出来る何かを探してみませんか?

東日本意外の西日本の方々でも、関係ない~等と思わずに
東京には、すぐに物は回ってくるはずです。
上京しているお子さん等に、トイレットペーパーなどをわざわざ送らなくとも・・・。
( TVで言っていました。)
お米だって、全く無くなる事はないはず・・・。
(勿論今すぐに必要な方は話が別です。)

過剰な反応は、なるべく控える様にしませんか?(^.^)

少し節電・節約した分を義援金に回すなど・・・
そうした使い方の方が、今は一番重要だと私は思ったので書かせて頂きました(*^_^*)


※勿論、ご家庭其々の事情があるはずですので、
ご無理のない範囲で・・・という意味です。
一つ一つ例をあげてお話出来ず、
説明が不十分でしたら、申し訳ありません・・・m(__)m


今後の日本が出来るだけ早く復興出来る様、
皆で力を合わせて行ければと思い、
今回は書かせて頂きました。






”一人一人が 今 出来る事を・・・”

皆でやれば、大きな力になるはずなのですから・・・。




”You'll never walk alone. ”




追伸・・・

震災後、すぐに安否メールをくださった北海道の”るるどちゃん””Riccoさん” ”みぃさん”
ブログへのコメントをくださった、阪神方面の”egueguさん”蒼玉さん”
他、電話やメールをくださった沢山のお友達・・・
ご心配お掛け致しました。
我が家はシュナ&コカ共々、無事に過ごしております。
テレビで緊急地震速報が流れる度に、ビビって固まっているシュナ。。(^_^.)
コカは、他の場所に居て聞こえていない私に教えに来る様になりました。。(^_-)-☆
(・・・っていうか、怖くて私の所に来てるだけかな?アハッ。。)
そんなこんなで、何とかやっております。

またしばらくブログは更新出来ないかも知れませんが、
どうぞご心配なさいません様に・・・。。
皆さまも、どうぞお体にお気をつけてお過ごしくださいませ。。(*^_^*)


~お詫び~

言葉使いの中で、説明不足な点等が多々あるかも知れません。
誤解を招く様な文章でしたら、どうぞお許しください・・・。
申し訳ありません。
お理解頂ければ幸いです。


春よ来い~♪

さてさて・・・
先日は雛祭りでしたね~^^



illust-haruiro-3.jpg 



夕方になって気が付き、慌ててお買い物に・・・。。
取り敢えず、"ちらし寿司" は作りましたが~
ハマグリは売り切れ・・・。。(~_~;)
仕方ないので、" 鰯のつみれ汁"・・・。。
 ”菜の花の辛しマヨ和え”。。(*^_^*)
季節の食材は、体にも良いはずですからね~。。☆
(お写真は取り忘れましたが・・・。。ありゃ。。)

 

DSC06560_edited-1.jpg

お雛様は飾らないので、せめて買って来た切り花を・・・✿


DSC06565_edited-1.jpg



DSC06566_edited-1.jpg


春の穏やかな陽ざしを感じる色合いですね~。。


DSC06568_edited-1.jpg 


子供の頃にはお雛様の大きな雛段飾りを飾ってお祝いをしたものですが・・・。。
最近の家の作りでは、綺麗に飾るお座敷もありませんね。。

実家では、いつからか出すのが大変になって来たみたいで
姿を見なくなっていました・・・。。^_^;

でも、お人形の風通しの意味も込めて
年に一度は出した方が良いと聞いたことがあるような・・・???

大切に桐の箱にしまってあった実家のお雛様は
今どうなっているのかしら~ん。。
(きっと可愛そうな事になっているかも・・・デスッ。。)





illust-sunnydays10.jpg    illust-sinple9.gif



    プロフィール

シュナコカ

Author:シュナコカ
シュナ&コカのナチュラルライフ

シュナ:♂ M・シュナウザー
     ソルト&ペッパー
     2003年7月23日生 8才
コ カ :♀ A・コッカー・スパニエル
     バフ
     2007年5月22日生 4才

2人のワンちゃんとの暮らし。
完全にメロメロの親バカ。
東京の郊外に在住。

handmede作品もたまに作っています。
(あくまで、気が向くままに~ですが・・・。。)

★~趣味~★
ガーデニング、ドライフラワーアレンジ、
ハンドメイド、スポーツジム通い。
(以前は英会話も頑張っていましたが・・・。)

★~委託販売店~★
2010年5月より、蓼科の”輸入雑貨WESTERN STAR & co.”さんにhandmade作品を置かせて頂いております。
宜しかったら遊びに行ってみてくださいませ~♪

≪お知らせ≫
個人様からの作品のオーダーには、お時間を頂く場合があります。申し訳ありません。
尚、商品に関してのご相談ご質問などは、コメント欄をご利用くださいます様、宜しくお願い致します。m(__)m

※初めてのご訪問の方のブログ内へのリンク等は、控えさせて頂きます。
何度かのコメントのやり取りの後、お友達になってからお願いしますね。
その際必ず了解を確認した後に、リンク貼りされます様、お願い致しますね。
(勝手なお願いで、ゴメンナサイ。。)

   shuna & coca

  shunatan-cocatan5.jpg

画:ボストンブルさん

     今、何時~?

  自動WEBサイト翻訳
 本の少しの気持ちで・・・
     カテゴリー
    最近の記事
    最近のコメント
   月別アーカイブ
     カレンダー

02 | 2011/03 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

     Thanks

banner-07_3_1.jpg shopbanachai.jpg

ポカポカ色

Mozneko Banner img44f494edzikfzj.jpg 

    お天気は・・・?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。